iPS細胞

iPS Cells

矢吹 拳士朗
Yabuki Kenshiro
福島県いわき市立藤間中学校 2年
2nd Grade, Fukushima Iwaki Munincipal Fujima Junior Highschool

ぼくは2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授のまんがを読みました。
ぼくはiPS細胞についてだいたい、どんなものかは知っていましたが、このまんがを読んで具体的にどんなものか分かりました。
まんがに書いてあったのですが、iPS細胞を使えば、病気をわずらって臓器や、機能を失ってしまった臓器にiPS細胞で作製した臓器を移殖できます。またぼくが思ったことですが、やけどをおってしまった皮ふに移殖などができて非常に便利だと思いました。そしてこのiPS細胞を利用すればこれからの医学も発展するのではないかと思いました。
さらに、iPS細胞を利用してクローンが作れるとしたら、絶滅危惧種の動物のクローンを作り、絶滅から守るということができるのではないでしょうか。また絶滅危惧種のなかに、生態系のバランスがくずれないようにするために必要な動物がいるとしたら、その動物のクローンを作り生態系をも盛るということができるのではないでしょうか。また、ある動物が絶滅してしまい生態系がくずれてしまった地域に、その動物のクローンを住まわせることでその地域の生態系を戻すということもできるのではないかと思いました。さらにiPS細胞は自分自身の細胞から作り、自分自身に移植するため拒絶反応がありません。そんなことも山中教授はよく考えたなと思いました。これまで書いたことからiPS細胞はすごいなと思いました。
本で読んだのですが、iPS細胞はいろいろな臓器が作製することができて便利です。しかし、その一方でがんになる危険性が高いのです。これからは、山中教授らにそれらの問題について研究をし解決して、これからの医学の発展に役立てていってもらいたいです。
山中教授は一つにことについて熱心に研究をしてノーベル賞を受賞しました。ぼくはこれから一つのことに集中し取り組んでいき、自分のつきたい仕事につきたいです。

f240 f241 f242


中学2年生, 作文, 福島県いわき市立藤間中学校