将来の夢について考えてみた事

My Thoughts on My Dreams in the Future

鈴木 洸貴
Suzuki Koki
福島県いわき市立藤間中学校 3年
3rd Grade, Fukushima Iwaki Munincipal Fujima Junior Highschool

僕はこのマンガを読んで、ノーベル賞を取った人達はみんな集中力などがすごくて、他にも自分が研究している分野への熱意がとてもある事が分かりました。
このマンガを読んで、僕は自分の将来の夢についてや自分はこれからどういった事をやっていくのかを少しだけ考えてみましたが、やはりなかなか思い浮かびませんでした。
僕にはまだ将来の夢がありません。
ノーベル賞を取った人達を見て、自分もこういった分野を頑張ってやっていってみようかと考えてみましたが、僕は頭が悪く受賞者達の様なそれにかける熱意はありませんし、努力するのも苦手です。しかし、努力をする事等は、今からでも改善していけるので頑張ります。
問題は、やはり将来の夢についてです。この事は学校の授業でも行っていて、資料を読んだりして何にするかを考えていますが、一向に決まりません。先生は、自分がやってみたいな、自分に合っているなと思える職業を探してみて下さいと言われましたが、これといってそう思える職業は見つかりませんでした。
時々、親に聞かれたりもして、真剣に悩んだりもしました。
よく考えてみると、僕はしゃべり方があまり良くないので、やってみたい職業が決まっても面接などで落ちてしまうかもしれませんが、ネガティブな事を言ってても何も始まらないと思うのでとり合えず色々と頑張ってみたいと思います。
これからの生活の中で、将来の夢やなりたい職業を決めて、受賞者のみなさんのようにあきらめたりせず努力し続ける心を見習って面接に向けてしゃべり方や言葉遣いを見直して、いつかはなりたい職に就ける様にしたいです。
マンガの内容は四コマ漫画の形で作られていてシンプルだけど良く内容が伝わってくるのでとても読みやすくて面白かったです。
ところで、ノーベル賞を受賞した時はどんな気分になるのでしょうか。僕もできる事ならその気分を味わってみたいなと思いました。

f304 f305 f306


中学3年生, 作文, 福島県いわき市立藤間中学校