夢を叶えるために

To Make My Dreams Come True

菅原 千尋
Sugawara Chihiro
福島県いわき市立藤間中学校 2年
2nd Grade, Fukushima Iwaki Munincipal Fujima Junior Highschool

私には将来の夢があります。
それは、「介護士」です。
将来の夢を聞かれたときは、いつも「人を助ける仕事をしたい。」と言っていました。
だから私は、介護士になって、体の不自由な人やお年寄りの方々の生活の支えになって、役に立ちたいと思いました。
そして今回、ノーベル賞を受賞したジョン・がードン博士の今までの努力をマンガで読みました。
私はこのマンガを読んで、「私も、夢を叶えるために今から努力を積んでいこう。」と思うことができました。
ジョン・ガードン博士は、15歳のときに教師から科学への道へ進むことをあきらめるように言われました。しかし母親は、博士が生物学に並々ならぬ熱意を抱いていることを見抜いていました。そして、ジョン・ガードン博士は、「科学とは全く無関係だった教育環境のなかで科学分野に方向転換できたのは母親のおかげだ。」と、博士は考えています。
私は、ノーベル賞をとる人は最初から何もかもが完璧なんだろうなぁと思っていましたが、ジョン・ガードン博士は、最初うまくいかなくて教師にあきらめろとまで言われてしまいました。博士はたくさん悩んだと思うけど、母親の支えがあったから科学分野に行くことができました。
私も、思い返してみると、家族や友達の支えに何度も助けられたことがありました。だから、人の支えは自分にとても必要なことで、自分もいつも助けられているのだから、友達や家族が困っているときは、真っ先に手をさしのべなければいけないなぁと改めて思いました。
また、誰もが最初から完璧なのではなく、人は努力しだいで変わることができることも知ることができました。
ジョン・ガードン博士の生活はたくさんの困難や苦労があったけれど、決してそれに負けない強い心を持っていました。だから私も、つらいことに負けずに、いつも強い心を持っていこうと思いました。
そして、私は介護士という夢をあきらめずに、努力をして将来、あこがれの仕事場に自分が立っていられるようにがんばります。

f219 f220 f221


中学2年生, 作文, 福島県いわき市立藤間中学校