ノーベル賞の人の本を読んで

My impression on Nobel Prize Winners’ Stories

助川 晃太郎
Sukegawa Kotaro
福島県いわき市立錦東小学校 5年

ぼくは、ノーベル賞の人の本を読んで、一番心に残った人は、ノーベル医学を研究した、山中伸弥さんの話です。その理由は、二つあって、一つ目は、中学・高校・大学の二年生までは、柔道部で、鼻や足の指・手首などを10回以上骨折しているのに、柔道をそんなに長い間つづけて、とてもかんばっているなと思いました。
二つ目は、整形外科を目指していたのに、大学に入学したら、研究を開始して、iPS細胞の研究をはじめて、その開発に、成功して、ノーベル医学賞を受賞してすごいと思いました。
ぼくも、一つでも、がんばって、目標をもてば、多くの人にみとめてもらえるような大人になりたいです。

IMG_1704


作文, 小学5年生, 福島県いわき市立錦東小学校