ノーベル賞をとった人について

My impression on Nobel Prize Winners’ Stories

川尻 泰寛
Kawajiri Yasuhiro
福島県いわき市立錦東小学校 5年

ぼくが、一番興味をもった人物は、千九百三十三年生まれのジョン・ガードンです。
ジョン・ガードンは、十五さいのときに教師から
「科学の道へ進むことをあきらめるよう。」
と言われたジョン・ガードンをかわいそうにぼくは、思いました。父親は、ジョン・ガードンに、
「銀行員になれ。」
と言われジョン・ガードンは、ぐんに入るか銀行員に入るかまよっていて大じょうぶなのかなと思いました。
そして、ジョン・ガードンは、研究や勉強をつみ重ねついにカエルのクローンをつくりだしてぼくは、やっぱり努力しなければ研究は、成功しないんだなと思いました。
ジョン・ガードンは、さむらいになり必殺のがのまいで相手をたおしたのがかっこいいなと思いました。
ぼくは、「ジョン・ガードン」の研究に思ったことは、たとえまわりからあきらめろを言われてもジョン・ガードンは、研究や勉強を努力しまえにすすむジョン・ガードンのことをすばらしいと思いました。
ぼくも勉強をがんばってジョン・ガードンのようになりたいです。

IMG_1702
IMG_1703


作文, 小学5年生, 福島県いわき市立錦東小学校