ノーベル賞の人の本を読んで

My impression on Nobel Prize Winners’ Stories

金田 倖太
Kaneda Kota
福島県いわき市立錦東小学校 5年

ぼくは、ノーベル賞を受賞した人の本を読んで思ったことは、三つあります。
一つ目は、小さいころになりたかった事をあきらめないで、めざしてた人はなれるのかなっと思いました。ぼくだったらあきらめてしまうので、この本をきっかけにあきらめないようにしたいです。
二つ目は、努力をしていれば、なりたかった職業につける事です。ぼくも、しっかり勉強をして、けいさつ官になりたいです。
三つ目は、人のためになる仕事をする事です。その一つが人に役立つ成分などをいうことです。自分のくらしだけでなく多くの人達に、役立つ事をする事も良いと思います。
ぼくは、この本を読んで、こらからは、夢をあきらめない事と人のためになる事と、努力をするという三つの事を目標に、これからはすごそうと思いました。

IMG_1699


作文, 小学5年生, 福島県いわき市立錦東小学校