ノーベル経済学賞を受賞した人

A Nobel Prize Winner in Economics

坂本 輪汰
Sakamoto Rinta
福島県いわき市立藤間中学校 1年
Fukushima Iwaki Munincipal Fujima Junior High School

ロイド・シャープレーという人を知っていますか?アメリカ合衆国という国で生まれた人です。この人は、1993年、6月2日に誕生しました。父親は、有名な天文学者でした。名前は「ハイド・シャープレー」。
ロイド・シャープレーは、子どもの頃から、人生はボードゲームという考えがありました。そして1950年にボードゲームを考案しました。まだ子どもなのに、ボードゲームを考案したということに、ぼくは、天才は発想力が豊かだなぁと思いました。でもまだこの時は、彼がノーベル賞をとるということは、誰も知らなかったのです。天才少年だということも。
ぼくは、ゲーム好きだからこそ、シャープレーさんは、「ゲールシャープレーアルゴリズム」というゲームを応用したものを考えついたのだなぁと思いました。父親が天文学者だということで、星には興味はないのかな?という疑問もありました。
彼は、ハーバード大学に入学し、アメリカ軍に入り、航空隊の軍曹として、中国に赴き「Bronze」を受賞しました。戦後は、大学に戻り、1948年に数学の学士号を取得しました、ぼくは、あまり、数学が得意ではないので、すごい頭の良さだと思いました。
それから、卒業後は、ランド研究所という所で働き、1953年に、プリンストン大学で、「Ph・D」を取得しました。ぼくは、ついにこの人の才能が花を開いたなと思いました。
1955年、ついに、「マリアン・ルドルフ」と結婚しました。それから二人の天使に恵まれました。ぼくは、次々となにかを取得し、ついには、結婚してしまうということが努力していれば、なにかを(賞を)取得できるのかなぁと思いました。
大人になり、1960年に、さっきも言った「ゲール・シャープレーアルゴリズム」というものを作りました。ぼくは、ゲームをここまで応用してくれたことに、嬉しさを、感じました。今では、この理論を様々な社会システムの改善にこうけんしている。という文にひかれ、自分が開発した理論が世界で、活用など、すごく立派なことだと思いました。
こんな感じで、すごく活やくしている、シャープレーさんに聞きたいことがあります。それは・・・「人生を楽しく生きていくためのこつはありますか?」や「シャープレーさんのお母さんは、どんな人ですか?」などたくさんあります。
ぼくは、シャープレーさんのまんがを読んで、ぼくも努力して、努力して、社会にこうけんできるような、シャープレーさんまではいかないけど、でも、シャープレーさんみたいな、一つの賞ではなく、色々な賞を受賞してみたいと思います。そして、世界の人々を助けたいと思いました。
f121 f122 f123


中学1年生, 作文, 福島県いわき市立藤間中学校