とってみたいなノーベル賞

Nobel Prize; an Award I Wish

星 華月
Hoshi Kazuki
福島県いわき市立平第四小学校 4年
4th Grade, Fukushima Iwaki Munincipal Fourth Primary School

わたしが、ノーベル賞の本を読みたかった理由は、ノーベル賞をなぜとりたかったのかや、ノーベル賞を取のためには、どんなことをすればとれるのかが知りたかったからです。
はじめにセルジュアロシュという、ノーベル物理学賞をとった、セルジュさんの部分をみて思ったことは、セルジュさんは、空を見た後、時計をみただけで、人工えい星が、何秒後に落ちてくることが分かるなんで、すごいと思いました。わたしは、セルジュさんに一度でもいいので、会いにいきたいと思いました。そして、なぜ落ちる時間が分かったのか知りたいです。
つぎに、コワン・モーイエという、ノーベル文学賞をとりました。受賞理由は、「幻覚的はアリズムによって、みん話、れきし、げき代を融合させたから」です。コワンさんの部分を見て感じたことは、1985年に、「とう明なにんじん」で注目されました。そして、1987年には、赤い高粱は映画化されベルリン映画祭で金熊賞を受賞しました。ほかにも金熊賞はルーマニア映画も受賞したそうです。金熊賞のトロフィーは熊の形をしているそうです。それに、コワン・モーイエさんのゆういつのとくぎは、とにかく、かくのが、速かったようで、三ヵ月で五十万字もかきあげるなんて、すごいと思いました。わたしはこの時、ぎ問がありました。それは考えてから、かいているのか、考えながらかいているのか。と感じました。
つぎに、ジョン・ガードンさんに目をつけました。ジョン・ガードンさんは、ノーベル医学・生理学賞をとったそうです。そんな、ジョンさんの所を見て、やさしい所がありました。ジョンさんは、とてもどうぶつや、生物をたいせつにしていて、そこが、やさしいと、思いました。おどろいたことは、学校で何千びきもの毛虫を、ガに育てたことがすごいと思いました。
1962年にオタマジャクシの腸のさいぼうかくをもとにクローンガエルをつくることに、せいこうして、この発見は、後にも、ほにゅうるいのクローンも作ることにせいこうして、羊、マウス、牛でクローン作りをしたそうです。ほにゅうるいなどをクローンするなんですごいと思いました。かがくで、クローン作りをする人はジョンさんしかいないと思いました。今度、会いに行けるチャンスがあったら、いいなと思いました。
さいごに、ノーベル賞をとった人に、はく手をささげたいと思いました。それに、わたしもノーベル(賞)を取ってみたいと思いました。わたしは、今まで、科学や文学ぐらいしか、ないと思っていたら、経済学、医学、物理、生理、化学があるなんて、はじめて聞きました。わたしは、もっとノーベル賞のことを調べて、いつかは世界の人たちの役に立てるような大人になりたいと思っています。

t003 t004 t005


作文, 小学4年生, 福島県いわき市立平第四小学校