あきらめずに続けること

 

鈴木 真喜子
Suzuki Makiko
福島県いわき市立藤間中学校 1年
Fukushima Iwaki Munincipal Fujima Junior High School

努力し続け、あきらめなければ夢は必ずかなう。私はノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授のマンガを読んで、そう思いました。
大阪で生まれた山中教授は中学・高校・大学と運動部に所属し、進路に迷っていた際、父に医師になることを勧められ医師になりました。最初、整形外科医を目指していた頃、何秒などで今までの医療では治らない人がたくさんいることを知り、山中教授はiPS細胞の培養技術の研究を進め確立しました。
私は山中教授から自分の好きなこと、やりたいことを見つけ続けるのはとても難しく、大変なことだと感じました。私だったら、周りの目を気にしたり、あきらめたり、面倒臭くなってやめてしまうと思います。私は、本当に面倒な事が嫌いな性格で、習い事などでは一回も続けられたことがありません。だから山中教授のように物事を続けられる人がとてもうらやましいです。
この本の中にはあきらめないこと、続けることの難しさの他にも大切なことが書いてありました。それは、好きなことを見つけることの大変さです。山中教授も最初は進路に迷って医師になるか悩んだと書いてありました。山中教授と同じように、自分も母に
「将来は、看護師になって、人のためになる仕事をしたら。」
と勧められたことがありましたが、私はやっぱり母が言うように安定した職に就いたほいうがいいのかなぁと悩んでいました。しかし、友達のこの一言で今までの考えが百八十度変わりました。
「自分がやるたいことやるのってやっぱり楽しいし、あきらめずに続けられるんだよね。」
私は、やりたいこと=仕事と考え、好きなこと・やりたいことを見つけて努力していくことが大切ということに気づきました。山中教授もそういう思いが少しでもあったんじゃないかと思いました。
私の将来の夢は、医療従事者になることです。この本を読む前は、どうせ私みたいな人間が医療従事者になれるわけがない。どうせ無理なことなんだとあきらめていました。ですが、今は違います。失敗や苦しいことがあってもあきらめずに頑張って続けていき、山中教授のように難病の人や患者さんに希望を与えられる医療従事者になりたいと思います。

f145 f146 f147


中学1年生, 作文, 福島県いわき市立藤間中学校